ジョギングダイエットの効果を増す!!

夜中や夕刻など表通り中で走っている人は目下しばしば見ます。もちろん毎日続けて自分の抑揚で駆けることが大切ですが、近々ジョギングをはじめようと考えているのなら特に効果の残る時間に走りたいですよね。

ジョギングをするのに一番ダイエット効果が良いタイムは、「朝」が良いと言えます。それも起床して朝食を食べる前が一番良いとされます。

これはなぜかと言うと、空腹時は脂肪が燃え易いからだ。

人は食事をするとインスリンという成分が分泌されます。これは糖が脂肪に合成罹るのを促進する役割をする成分で、脂肪を燃えづらくしてしまう効果があります。

こういうインスリンは食事を取ってから時間が経つため分泌が下がっていきます。

そのため空腹時に有酸素運動をすると食後よりも脂肪燃焼が素早くなり、別に起床後の空腹時は有酸素運動の脂肪燃焼効果が大きいと言えます。

ただし要素として、起きてすぐは意識も働いていませんし、自分体も動きませんので即駆けることは危険です。軽くウォーミングアップをして水分補充をちゃんととってから駆けるようにしましょう。

また、朝走り回るのが苦しいという場合は、食事後3〜4時間、時間をおいてから走り回るようにしましょう。

最低限30分以来走ろう

脂肪を燃やせ!ジョギングダイエットの効果を倍増させる13の方法

駆けるためには高熱が必要です。その高熱はどのように出来上がるかというと、ブドウ糖→脂肪の順番で使われていきます。

最初から脂肪が高熱としてサプライされればいいのですが、脂肪の前にブドウ糖が先に供給され、使い切ったのちに脂肪が供給されるようになっています。

こういうブドウ糖が消費罹るまでは約20分ほどなる結果、脂肪が燃焼罹るのは走り回り始めてから20分後にTOPということになります。こちらをクリック