ストレスを数多く感じている人類は、ヒゲが濃くなりやすい傾向にあります。

女性の者でもヒゲが生じる場合はストレスが引き起こしているケー。

ストレスを受けとるとホルモン割合が乱れてしまいます。その時に、スムーズだった男性ホルモンの分泌が多くなります。

女性の状態、普段であれば女性ホルモンのほうが数多く、男性ホルモンは一寸しか分泌されていません。しかしストレスによりホルモンバランスが崩れてしまい、男性ホルモンの比率が多くなってしまい、ヒゲが生じるのです。

近年は女性でも遅くの時間まで仕事をしている人類が目立ち、ストレスを持ち合わせることが増えています。

⑥加齢

お婆さんはヒゲが生えて、フサフサの人も少なくないですよね。加齢によりヒゲは生じるものなのです。

実は年を重ねるとテストステロンの分泌数量は低下します。

あれ?そうしたらヒゲは生えてこないんじゃないの?と想う方もいるかもしれませんが、テストステロンの落ち込みにより「ジヒドロテストロン」という元凶が男性ホルモンの中心になります。

こういうジヒドロテストロンはボディ毛やヒゲを濃くして仕舞う働きがあります。そのため髪の毛は薄くなって、ヒゲは濃くなって行くといった現象が現れるのです。

⑦髭の剃り方

男性の者は毎日ヒゲを剃る人も多いと思います。しかし剃り者によってはヒゲが濃くなってしまう可能性があります。

ヒゲを剃る時に、肌に負担がかかるような剃り方をやる人類は注意しましょう。肌が外部からの外敵を感知して、肌を守ろうとヒゲを生やそうとしてしまうケー。どういう剃りほうが肌に負担をかけるか紹介します。ヴァーナルの全てがわかるサイト